パイザカジノでバカラを楽しみたい!ルールを知りたい:バカラのルールについて

パイザカジノで楽しめる王道ゲームは、何と言ってもバカラですね。バカラとは「破滅」という意味の言葉で、ルールはとても単純ですが、ハラハラドキドキが楽しめます。

バンカーとプレーヤーという2者にカードが2~3枚配られ、カードの数字の合計を計算し、下一桁が大きい方が勝ちとなります。ただしカードの数字は、Aは1、2~9はその数字のまま足しますが、絵札(J~K)は全て0として扱います。そして、客はあらかじめどちらか勝つ方を予想してチップをかけて、当たれば配当がもらえるという単純なゲームです。

客はプレーヤーというわけではなく、また、勝敗に対して影響を与えることはできません。そのためゲームの内容だけを見ると、コインの裏表を予想するような確率1/2を予想するのに似ています。また、バンカーとプレーヤーはたまに引き分けになることもあり、引き分けを当てた場合には配当は大きくなっています。

パイザカジノの通常のバカラの流れを説明します。ゲームを進めるのはディーラーで、客はゲームの成り行きを見守ります。まずディーラーはテーブル上のプレイヤーとバンカーの区画にカードを各2枚を配ります。この2枚のカードの合計の下一桁によって、その先の流れが異なります。つまり3枚目が配られるかどうか条件があるのです。

バンカーとプレーヤーのいずれかで値が8または9の場合、ナチュラル、と呼びます。ナチュラルになると双方にこれ以上カードは配られず、カードは2枚のままで勝敗が決まります。プレーヤーの値が6または7の場合、カードは配られません。(スタンドと言います)プレーヤーの値が0から5の場合、プレーヤーにカードがもう1枚配られます。

バンカーにもう1枚のカードが配られるかどうかは、以下の2つの値の組み合わせによって決まります。

・バンカーのカード2枚の合計値の下一桁
・プレーヤーがスタンドか、そうでない場合は追加で配られたカードの値

この条件は8×11=88通りあり、内容は複雑ですが、ディーラーがルール通りに配ってくれますので、安心してみていましょう。このような進行によりカードが配られ終わると、双方のカードによって勝敗が決まります。

さて最後に一番大事な、予想が的中した場合の配当についてです。バンカーに賭けて的中したら1.95倍が、プレイヤーに賭けて的中したら2倍が、そして、引き分け(タイ)に賭けて的中したら8倍が返ってきます。

バンカーに賭けた時の配当が1.95倍なのは、5%分が胴元の手数料となっているからです。また、バンカーの時だけ手数料が取られるのは、この勝敗ルールがバンカー有利になっているからです。

上記のルールは基本的なもので、パイザカジノのバカラに限った話ではありませんが、パイザカジノには様々なテーブルがあり、通常のバカラのほかに異なるルールのバカラが楽しめます。