パイザカジノで大金ゲット!でもそれ税金がかかります。確定申告を忘れずに!

日本国内にはカジノ施設はないものの、オンラインカジノの普及により国内でも気軽にカジノをプレイすることが出来るような環境になりました。スマートフォンからオンラインカジノにアクセスすることができるので、いつでもどこでも好きな時にプレイすることが出来ることが魅力で、利用者増加につながっているのです。

代表的なオンラインカジノはパイザカジノで、本場さながらのベットや入金、そして賞金の出金を自由に行うことが出来るため、国内にカジノ施設がなくても存分にカジノを楽しめると評判になっているのです。ただ一つ注意したいことは、パイザカジノのようなオンラインカジノで儲けた賞金を出勤する場合には税金がかかり、きちんと税金を支払わなければ脱税の扱いになっていまいます。

では、パイザカジノで賞金を出勤する場合、税金の扱いはどのようにすればよいのでしょうか。現在のところ、自分でベットした分を詳細に記載しておいて、獲得した賞金から差し引き、得られた利益から税金を算出する方法以外ありません。大変煩わしい方法ではありますが、これ以外方法はないので、自分がいくらベットしたか記録しておく必要があるのです。記録方法は細かくエクセルに記入するという方法もありますが、大変骨の折れる面倒な作業になります。

そこで、便利なスクリーンショットを使えば、自分がいくらベットしたかを簡単に記録しておくことができます。上にメモをする方法もありますが、その紙をなくしてしまう可能性も拭いきれないので、スクリーンショットで記録をする方法が一番手軽で手っ取り早いのです。万が一、記録を忘れてしまった場合には、パイザカジノのカスタマーサポートに連絡をして取引レポートを入手します。そこから入金額と出金額を割り出すことが出来るので、あとは自分自身で計算をすれば支払うべき税金の額を算出することが可能になります。

自分がいくらベットしたかという取引履歴は、パイザカジノではその履歴を後悔していません。よって、自分で記録をつけておく必要があります。税金がかかるのは、ビットコインにて入金した場合と、賞金を日本円で獲得した場合の2通りに限定されます。この時にきちんと記録をしておけば、確定申告の際にもれなく税金を申告することが出来るので、面倒であっても記録をとっておく必要があります。ベットの記録をつけることは面倒ではありますが、これを怠ってしまうと脱税になるので要注意です。